浄水器の達人が教える正しい水の知識と浄水器選び

浄水器の達人/フィルターのプロが教える水と浄水器

下見・見積もり

中古住宅を選ぶ際に必ずチェックしたい事とは?

更新日:

中古住宅を選ぶ際に必ずチェックしたい事とは?

こんにちは。
水とフィルターのプロフェッショナル
家中まるごと浄水器®の小野志郎です。

 

今日は、横浜市青葉区のN様邸に浄水器の
設置打ち合わせに行きました。

 

N様邸は先月設置工事を行ったのですが
配管が鉄管で老朽化しており、工事を進
めるのは危険と判断して、一旦中止にし
ていました。

 

N様には、配管の交換をおすすめし
業者さんを紹介して本日配管取り替え
工事となった訳です。

 

20150722-4-2

コンクリートで仕上げられた
駐車場にある水道メーターから
土の部分まで配管を露出させます。

 

20150722-4-3

露出といってもちゃんとカバーを
つけて目立たないようにしていま
した。

 

20150722-4-1

土の部分を掘り起こして配管を
埋設するスペースを確保します。
浄水器の設置作業と似てますね。

 

20150722-4-4

後日浄水器を設置する位置に配管を
準備してもらうことにしました。

 

配管を立ち上げておいてもらうと
うちの作業はとてもスピーディに
行えます。

 

家の中の配管も床下に潜って新しい
配管に交換するとの事。
浄水器がより効果を発揮できそうです。

 

さて、今回N様のお宅は、中古住宅
をリフォームした物件でした。

 

20150722-5-2

 

最近は、中古住宅をリフォームして
(イノベーション)住むことが
ブームになりつつありますが、
中古住宅を選ぶ際は、

 

水道の配管(給水管)の
種類や老朽化具合を必ず

確認して下さい。

 

20150722-5-1

すっごくおしゃれにイノベーション
できていても水道の配管が錆びて
いたらずっと悩まされます。

 

20141021-02

マンションはパイプシャフトを
確認して配管のリフォーム履歴
もチェックして下さい。

 

一戸建ての場合は、屋外と屋内の
配管の種類を不動産屋に確認して
下さい。

 

いいかげんに答えるところとは
契約してはいけません。

 

ご自身でリフォームされるときは
配管を必ず交換するように
工務店さんにリクエストしま
しょう。

 

工務店さんは、大丈夫ですよ。
まだ配管は使えますと言う事
が多いので、

 

配管を変えないと
住みたくない!

 

ときっぱり伝えて下さい。

 

リフォームするときに
ぎりぎり大丈夫でも、これから
何年も住む訳ですから途中で
トラブルの元になります。

 

おしゃれな部分に予算を使う
のもいいですけど、まずは
配管の取り替えに予算をとって
下さい。

 

一戸建ての場合、交換が必要
なのは、下記の3種。(屋外)

鉄管:錆びてボロボロになります。
赤水の原因。

鉛管:水に鉛が溶け出して健康被害
が出ます。

VP塩ビ管:もろくて割れます。
中古住宅でもっとも多いのがこの配管。

 

下記の配管の場合は大丈夫です。

HI塩ビ管:耐震性塩ビ管

ステンレス管:ほとんど見かけません

埋設用ポリ管:茨城県でよく見かけます。

 

取り替える際は、屋外は耐震性
塩ビ管(HI管)、屋内はポリ管
を選んで下さい。

 

今、新築の場合ほとんどこの組み
合わせで配管されています。

 

マンションの場合は、共有部分の
配管が問題になります。長くなるので
後日解説することにしましょう。

 

お待たせしたN様邸に早く浄水器を
設置したいと思いつつ今日は
おしまい。

それではまた。


-下見・見積もり

Copyright© 浄水器の達人/フィルターのプロが教える水と浄水器 , 2021 All Rights Reserved.